カリキュラム紹介

一人ひとりの発達段階に応じた指導で、学力向上へ導きます

岡山中高の教員は熱意と高い指導力を持った進路指導のスペシャリストです。
すべての授業で生徒がわかる喜びを実感し、ワンランク上の学力を身につけるよう全力でサポートします。

国語

「自己との対話」を通じて
言語能力を育成する

 多様な文章を読み深める過程で、クラスメイトや教師、そして自己との対話を重ね、主体的に考える力を養います。また、語彙力を競う「ことば王グランプリ」や弁論大会、古典分野の表現活動など多岐にわたるプログラムを設けて、言葉の力を鍛え、表現力を養います。
 中学1・2年では、説明文や小説の読解により思考力や感性を磨く「国語」と、表現活動に重点を置く「国語表現」を柱とし、「新大学入試」に対応しうる基礎力を養成。中学3年からは古典文法を学び、古典に親しみながらじっくりと知識の定着を図ります。高校からは目指す進路に応じて教材や学習形態を工夫しながら授業展開します。高校2・3年では正確さを求めて入試問題演習や個別添削を重ね、大学受験に備えます。

中川 左保

数学

「日々の積み重ね」で
入試を突破する数学力を養成

 中高一貫校の利点を生かした独自のカリキュラムを編成しています。中1・2では復習を活用して分かり易さに重点を置き、基礎基本の徹底を図ります。中3以降になると3つのコースに分かれ数学の学習を開始します。この段階では予習を活用して自律学習を促し、応用・発展問題を通して高い学力を身につけます。放課後講習では弱点補強と発展学習を行います。
 東医・メディカルでは、中3から2次関数などの高校の内容を先取り学習し、高2末で教科書を終え、高3では入試演習に1年間かけて取り組みます。探究クラスでは数学の授業数を増やし、「講義」では基礎力向上、「演習」では応用力育成を目指し入試を突破する数学力を育成します。

朝川 真行

英語

「新大学入試」に対応する
英語4技能を効果的に育成する

 週6時間の授業で毎日英語に触れ、実践的なコミュニケーション能力を養成します。中学卒業時に英検準2級、高校卒業時に2級~準1級の取得を目指す、「新大学入試」に対応したカリキュラムです。
 中学1・2年では定着を重視しながら「新大学入試」で必要とされる4技能(話す・聞く・読む・書く)の総合的な指導を行います。復習中心の学習で学びのしつけを徹底した後に、中学3年から高校1年にかけて予習中心の学習スタイルへの切り替えを行います。東医コースでは中1〜高1までZ会の教科書を使用して高校1年で高校内容の学習を全て終え、早期の検定取得を目指します。難関大コースでは基礎的な事項の定着を重視しながら、大学入試レベルまで引き上げます。

詫間 知徳

社会

地理・歴史・公民、各分野の
スペシャリストが思考力・表現力を育む

 地理・歴史・公民、それぞれの専門教員が個性的な授業を用意しています。様々な側面から社会を見つめ、新しい大学入試に求められる思考力・判断力・表現力の育成を行っていきます。  中1・2では主に中学レベルの地理と歴史を学びます。歴史では旧石器時代から現代までの流れを学習、地理では世界と日本の諸地域についての基礎を学びます。中3でから地理と歴史の総仕上げとともに、公民分野を学ぶ土台をつくります。高1では日本史か地理を選択し、さらに理解を深めていきます。高2・3では教科書の内容を終えたら問題演習を中心に授業を展開。必要に応じて論述対策や面接なども行い、6年間で培った力を発揮できるように指導します。

山内 順一

理科

仮説→実験→考察の
プロセスを身につけ、
高度な思考力を養う

 真理探究のための「仮説→実践(実験)→結果→考察」のプロセスを繰り返すことで、高度な思考力や問題解決能力を養います。中学校課程では特に実験を多く取り入れ、実際に見る・触る・作るといった体験を多く積み、理科が好きな生徒を多く育てることを重視しています。中学では3年間で学ぶ基本的な内容に加えて、大学入試を見据えた高校の内容も学習します。
高1から文理別カリキュラムが組まれ、理系は物理・化学・生物の3科目学習を行い、新大学入試に必要な幅広い理科の知識を養います。高3では大学入試問題演習を徹底して行い、実践力を身につけさせます。また、必要に応じた論述対策や面接対策を行います。

島田 幸一

国語

「自己との対話」を通じて
言語能力を育成する

 多様な文章を読み深める過程で、クラスメイトや教師、そして自己との対話を重ね、主体的に考える力を養います。また、語彙力を競う「ことば王グランプリ」や弁論大会、古典分野の表現活動など多岐にわたるプログラムを設けて、言葉の力を鍛え、表現力を養います。
 中学1・2年では、説明文や小説の読解により思考力や感性を磨く「国語」と、表現活動に重点を置く「国語表現」を柱とし、「新大学入試」に対応しうる基礎力を養成。中学3年からは古典文法を学び、古典に親しみながらじっくりと知識の定着を図ります。高校からは目指す進路に応じて教材や学習形態を工夫しながら授業展開します。高校2・3年では正確さを求めて入試問題演習や個別添削を重ね、大学受験に備えます。

中川 左保

数学

「日々の積み重ね」で
入試を突破する数学力を養成

 中高一貫校の利点を生かした独自のカリキュラムを編成しています。中1・2では復習を活用して分かり易さに重点を置き、基礎基本の徹底を図ります。中3以降になると3つのコースに分かれ数学の学習を開始します。この段階では予習を活用して自律学習を促し、応用・発展問題を通して高い学力を身につけます。放課後講習では弱点補強と発展学習を行います。
 東医・メディカルでは、中3から2次関数などの高校の内容を先取り学習し、高2末で教科書を終え、高3では入試演習に1年間かけて取り組みます。探究クラスでは数学の授業数を増やし、「講義」では基礎力向上、「演習」では応用力育成を目指し入試を突破する数学力を育成します。

朝川 真行

英語

「新大学入試」に対応する
英語4技能を効果的に育成する

 週6時間の授業で毎日英語に触れ、実践的なコミュニケーション能力を養成します。中学卒業時に英検準2級、高校卒業時に2級~準1級の取得を目指す、「新大学入試」に対応したカリキュラムです。
 中学1・2年では定着を重視しながら「新大学入試」で必要とされる4技能(話す・聞く・読む・書く)の総合的な指導を行います。復習中心の学習で学びのしつけを徹底した後に、中学3年から高校1年にかけて予習中心の学習スタイルへの切り替えを行います。東医コースでは中1〜高1までZ会の教科書を使用して高校1年で高校内容の学習を全て終え、早期の検定取得を目指します。難関大コースでは基礎的な事項の定着を重視しながら、大学入試レベルまで引き上げます。

詫間 知徳

社会

地理・歴史・公民、各分野の
スペシャリストが思考力・表現力を育む

 地理・歴史・公民、それぞれの専門教員が個性的な授業を用意しています。様々な側面から社会を見つめ、新しい大学入試に求められる思考力・判断力・表現力の育成を行っていきます。  中1・2では主に中学レベルの地理と歴史を学びます。歴史では旧石器時代から現代までの流れを学習、地理では世界と日本の諸地域についての基礎を学びます。中3でから地理と歴史の総仕上げとともに、公民分野を学ぶ土台をつくります。高1では日本史か地理を選択し、さらに理解を深めていきます。高2・3では教科書の内容を終えたら問題演習を中心に授業を展開。必要に応じて論述対策や面接なども行い、6年間で培った力を発揮できるように指導します。

山内 順一

理科

仮説→実験→考察のプロセスを
身につけ、高度な思考力を養う

 真理探究のための「仮説→実践(実験)→結果→考察」のプロセスを繰り返すことで、高度な思考力や問題解決能力を養います。中学校課程では特に実験を多く取り入れ、実際に見る・触る・作るといった体験を多く積み、理科が好きな生徒を多く育てることを重視しています。中学では3年間で学ぶ基本的な内容に加えて、大学入試を見据えた高校の内容も学習します。
高1から文理別カリキュラムが組まれ、理系は物理・化学・生物の3科目学習を行い、新大学入試に必要な幅広い理科の知識を養います。高3では大学入試問題演習を徹底して行い、実践力を身につけさせます。また、必要に応じた論述対策や面接対策を行います。

島田 幸一

在校生に聞いた!
先生の魅力!

一緒に頑張る仲間と
切磋琢磨できる環境が魅力です。

岡山中学校では経験豊富な先生が多く、授業はどれも「めあて」がはっきりしていて、とてもわかりやすいです。仲間たちの頑張っている姿を見て、自分もがんばろうと切磋琢磨できる環境が岡山中学校の最大の魅力だと思います。

佐々木 翼 岡山中学校
岡山市立御南小学校 出身

岡山中学校で
学ぶ楽しさを教えてもらいました。

岡山中学校では、放課後講習など生徒一人ひとりのサポートが充実しています。先生方は個性的で面白く、私たちを惹きつけて学ぶ楽しさを教えてくださいます。当初英語はついていけるか不安でしたが、授業の中で冗談を交えたり洋画を見せてもらったりして、興味が深まり苦手意識がなくなりました。

山本 望生 岡山中学校
岡山市立浦安小学校 出身