岡山中学校・岡山高等学校

カリキュラムCurriculum

国語中川 左保

対話と多様な言語活動を通じ、自分の頭で考え表現する力を育む

多様な文章を読み深める過程で、クラスメイトや教師そして自己との対話を重ね、主体的に考える力を涵養します。また、語彙力を競う「ことば王グランプリ」や弁論大会、古典分野の表現活動など多岐にわたるプログラムを設けて、言葉の力を鍛え表現力を養います。

6年間のプログラム

中学1・2年では、説明文や物語の読解により思考力や感性を磨く「国語」と、表現活動に重きを置く「国語表現」の授業を柱とし、「大学入試新テスト」に対応し得る基礎力を養います。中学3年からは古典文法を学び、古典の世界に親しむと同時に、高校1年まで時間をかけて知識を定着させます。そして高校2・3年では大学入試を見据え、正確なインプット・的確なアウトプットができるよう、入試問題演習や個別添削にも取り組みます。

数学朝川 真行

中1から高3までの発達段階に応じた的確な指導で大学合格へ導く

数学は「積み重ねの連続」です。中学では分かりやすい授業を展開し、基礎力の向上を目指します。高校では予習によって自律した学習を促し、課題や講座等で弱点を克服することで応用力の向上を目指します。

6年間のプログラム

6年間で学ぶ内容を精選し、基礎的なことを学ぶα(アルファ)、定着させた内容を応用する力をつけるためのβ(ベータ)に分けるなど、独自のカリキュラムを編成しています。中学では授業数を増やし、基礎力の向上や応用力育成のために演習の時間を設けています。中学の内容は中2ですべて終わらせ、中3の中頃から高校の内容を開始。2次関数などの重要な分野を扱います。高3からは1年間をかけて入試演習を行い、志望大学の受験に備えます。

英語安永 亜紀

「大学入試新テスト」に対応し、4技能を効果的に育成する

週6時間の授業で毎日英語に触れ、実践的なコミュニケーション能力を養成します。中学卒業時に英検準2級、高校卒業時に2級~準1級の取得を目指す、「大学入試新テスト」に対応したカリキュラムです。

6年間のプログラム

中学では定着を重視しながら「大学入試新テスト」で必要とされる4技能(リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング)の総合的な指導を行います。復習中心の学習で学びのしつけを徹底した後に、中学3年から高校1年にかけては予習中心の学習スタイルへの切り替えを行います。東医コースは中1~高1までZ会の教科書を使用して高校1年で高校内容の学習を全て終え、早期の検定取得を目指します。難関コースは基礎的な事項の定着を重視しながら、大学入試レベルまで引き上げます。

社会山内 順一

各分野の知識を総動員して、新しい時代を切り拓く力を育てる

地理・歴史・公民の専門教員が個性的な授業を用意しています。様々な側面から社会を見つめ、「大学入試新テスト」に求められる思考力・判断力・表現力の育成を行っていきます。

6年間のプログラム

中学1・2年では主に中学レベルの地理と歴史を学んでいきます。歴史では旧石器時代から現代までの流れを学習します。地理では世界と日本の諸地域についての基礎を学びます。中学3年から地理と歴史の総仕上げとともに、公民分野を学ぶ土台をつくっていきます。高校1年生では、日本史か地理を選択し、さらに理解を深めていきます。高校2・3年では教科書の内容を終えたら、問題演習を中心に授業を進めていきます。必要に応じて、論述対策や面接なども行い、6年間で培った力を発揮できるように指導します。

理科島田 幸一

科学を通じて21世紀の社会をリードする高度な思考力と問題解決力を養う

真理探究のための「仮説→実践(実験)→結果→考察」のプロセスを繰り返すことで、高度な思考力や問題解決力を養います。中学校課程では特に実験を多く取り入れ、実際に見る・触る・作るといった体験を多く積み、理科好きな生徒を多く育てることを重視しています。

6年間のプログラム

中学では3年間で学ぶ基本的内容に加えて、大学入試を見据えた内容も学習します。高1・2年では高校内容を基礎から丁寧に学習します。基礎基本を身につけた後は、大学入試問題も取り入れながら新しい入試形式に対応できる力を養います。高3では大学入試問題演習を徹底して行い、実践力を身につけさせます。また、必要に応じた論述対策や面接対策を行います。
カリキュラム