学校紹介

【校訓】

天分発揮

【設立理念】

中高一貫教育の精神にのっとり、生徒各自がもつ天分を
高度に発揮させ、
知・徳・体の円満な発達を促進して、
真に社会に貢献しうる人間の育成を期する

【教育目標】

中高一貫6年間のイメージ

学園理事長挨拶

 学校法人関西学園は、明治20年(1887年)に開校した私立岡山薬学校を起源に、長い歴史の中で幾多の有為な人材を育成してまいりました。
 岡山薬学校の流れを汲む関西高等学校は岡山県内唯一の男子校で、「行革の神様」と謳われた岡山県名誉県民の土光敏夫氏
「蒼氓」で第1回芥川賞を受賞した作家の石川達三氏ら、政・財・官界や文化・スポーツ分野などに4万6千余人のOBを輩出するなど常に私学の雄として歩み続けております。
 姉妹校の岡山中学校(1982年設立)・岡山高等学校(1985年設立)は中高一貫教育の先駆けとして教育実績を挙げ、それぞれ4,000人を超す卒業生の多くが旧帝大をはじめとする医学部や難関大学などに進学し、社会のさまざまな分野で貢献しております。
 両校の教育のベースにあるのは、生まれながらの個性を伸ばす「天分発揮」、困難に打ち勝つ「敢為」の精神です。複雑化する社会において、関西学園はこれら建学の理念に基づいて知育、徳育、体育のバランスのとれた人間形成に取り組む所存であります。
 一人一人の個性が輝き、文武両道でグローバル化する複雑な社会のリーダーとなる人材の育成に邁進しつつ、学園のさらなる発展を図ってまいりたいと考えております。皆様の一層のご理解・ご支援をお願い申し上げます。

学校法人関西学園 理事長
井上 峰一

 岡山中学校・岡山高等学校校長の田中広矛と申します。
 さて、本校は、昭和57(1982)年に開校し、今年で創立39年を迎えます。本校の設立理念は「中高一貫教育の精神にのっとり、生徒各自がもつ天分を高度に発揮させ、知・徳・体の円満な発達を促進して、真に社会に貢献しうる人間の育成を期する。」ことです。その方針に基づき、「天分発揮」を校訓に、「友愛・自律・進取(人に優しく 己に厳しく 勉強はたゆみなく)」を教育目標にして、
1 生徒が日々の学習や様々な学校行事等に積極的に取り組み、自己を律し主体的に行動し、思いやりのある調和のとれた人間として成長できる学校 2 生徒一人ひとりの能力・適性を最大限に発揮させ、グローバル社会で活躍・貢献できる有為な人材を育成する学校を目指し、生徒・教職員が一丸となって日々の教育活動に励んでいます。
 そのため本校では、「確かな学力」「豊かな心」「健康・体力」からなる「生きる力」が社会に出てからも生かせるために、中高6年間の学校教育のあらゆる場面(授業・部活動・学校行事等)を通して「学びに向かう人間性等」「知識・理解」「思考力・判断力・表現力等」の3つの力をバランス良く育成するよう、様々な工夫を行ってまいります。
 伝統をしっかり受け継ぎながら、本校の更なる発展を目指してチャレンジしてまいりますので、今後とも岡山中学校・岡山高等学校の教育活動に対しまして、ご理解とご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

岡山中学校・岡山高等学校 校長
田中 広矛

変わる社会 変わる教育

 教育とは何でしょうか。字義どおりに解釈すると「教え育む」ということです。根底には高度な知識を持った教師が生徒に知識を伝達する、という学校の原型といえる考え方があります。この従来の教育の概念を変えるべき時代が今私たちの生きている21世紀です。
今年中学校に入学した生徒が就職する10年後、社会はどのように変化しているでしょうか。過去10年間で爆発的にスマートフォンが普及し、それに伴い人と人とのコミュニケーションの様式が大きく変貌しました。このような時代を生きる生徒たちに必要な能力は「学力」を基本とした「ソーシャルスキル」ではないでしょうか。
これは他者と会話して意見を交換し、自分の考えを表現する能力です。平成の31年間に109名の東大合格者を輩出した本校は、学力の養成を基本としながら学園生活全般でこのソーシャルスキルを鍛えていきます。

 知識を礎に答えのない課題にみんなで取り組んで「納得解」を作り出す能力、現代社会で求められる本当の学力を6年間の学校生活で磨いていきましょう。
皆さんの参加、チャレンジを私たちは待っています。

学校法人関西学園 法人本部 広報室長
早川 治