学校紹介

【校訓】

天分発揮

【設立理念】

中高一貫教育の精神にのっとり、生徒各自がもつ天分を
高度に発揮させ、
知・徳・体の円満な発達を促進して、
真に社会に貢献しうる人間の育成を期する

【教育目標】

中高一貫6年間のイメージ

学園理事長挨拶

 学校法人関西学園は、明治20年(1887年)に開校した私立岡山薬学校を起源に、長い歴史の中で幾多の有為な人材を育成してまいりました。
 岡山薬学校の流れを汲む関西高等学校は岡山県内唯一の男子校で、「行革の神様」と謳われた岡山県名誉県民の土光敏夫氏
「蒼氓」で第1回芥川賞を受賞した作家の石川達三氏ら、政・財・官界や文化・スポーツ分野などに4万6千余人のOBを輩出するなど常に私学の雄として歩み続けております。
 姉妹校の岡山中学校(1982年設立)・岡山高等学校(1985年設立)は中高一貫教育の先駆けとして教育実績を挙げ、それぞれ4,000人を超す卒業生の多くが旧帝大をはじめとする医学部や難関大学などに進学し、社会のさまざまな分野で貢献しております。
 両校の教育のベースにあるのは、生まれながらの個性を伸ばす「天分発揮」、困難に打ち勝つ「敢為」の精神です。複雑化する社会において、関西学園はこれら建学の理念に基づいて知育、徳育、体育のバランスのとれた人間形成に取り組む所存であります。
 一人一人の個性が輝き、文武両道でグローバル化する複雑な社会のリーダーとなる人材の育成に邁進しつつ、学園のさらなる発展を図ってまいりたいと考えております。皆様の一層のご理解・ご支援をお願い申し上げます。

学校法人 関西学園 理事長
井上 峰一

悠々として急げ

 人間には色々な力が隠れています。親はもとより本人さえ気がついていないような大きな力が人間の中に潜在しています。例えば、他人と協力して活動する力(生活力)、勉強に向かう力(知的探求力)、厳しい勉強を通じて夢を実現する力(敢為の精神)などです。本校における6年間の全ての教育活動は、皆さんの中に潜在するこの3つの力を引き出す(天分発揮)ように構成されています。

 「手をかけ 鍛えて 送り出す」というプロセスが教育には不可欠です。入学した皆さんの生活と勉強の仕方に「手をかけ」ます。続いて、厳しい勉強・スポーツ・HR活動という負荷をかけて「鍛え」ます。最後に6年間勉強を深めて夢を実現した皆さんを「送り出す」ことになります。

 2020年から大学入試が大きく変わることになります。知識を詰め込むだけでなく、正解のない問題に対して共同して課題に取り組み、議論と理解を深める経験が必要となります。自分の生き方を含めたこういう本物の学力を身につけるために、6年間「悠々として急ぐ」生活を送って欲しい。
さあ、私たちと一緒に皆さんの夢を実現しましょう。

岡山中学校・岡山高等学校 校長
鷹家 秀史