コース紹介 東大・国立医学部コース/難関大コース

ホーム ≫ コース紹介 ≫ 難関大コース

東大・国立医学部コース

検定教科書を使った授業で基礎を固め、
発展的な学習で難関大学合格を目指す。

基礎的な学習力をつけることを重視したカリキュラムが特長。定着度を測りながら無理のない学習計画を立て、基礎の上に定着させた知識を応用する実力を養います。

  • Point 1
    徹底した基礎学力強化

    検定教科書を使って基礎的な学力をつけ、その上で応用力を養います。じっくりと学習させることで、授業について行けない生徒をうまないようにしています。

  • Point 2
    合教科とアクティブラーニング

    社会の問題を英語で発表するなどの合教科や、生徒が能動的に調べ、考えをまとめて発表するアクティブラーニング型授業を積極的に導入。キャリア教育の一環としてクエストエデュケーションも本年度から実施。いずれも学習内容を定着させ知識の応用力を養います。

  • Point 3
    実力考査に基づいた進路指導

    中間テストや期末テストとは別に、年に3回実施される実践力を測るためにテストです。学習した内容だけでなく、応用力も問われる問題が盛り込まれているため、受験に向けての対策にもなります。成績優秀者には次年度の海外研修参加などの特典が用意されます。

ICTを積極活用して学習 効果を最大限に高める

iPadを活用した授業・自宅学習
中学3年生になったら生徒全員がiPadを持ち、授業内外で活用します。調べものをしたり、プレゼンに使ったり、Skypeを使った英会話レッスンも行っています。
英語マスターは多読から
自分のレベルに合わせてさまざまな分野の英語の本と出会い、興味の幅を広げながら英語で読むことの楽しさを、iPadを活用した「多読リーディングシステム」で実現しています。

プレゼン力生徒の言語力の向上のための活動~倫理的思考力とプレゼンテーション力の育成~

弁論大会

自分の心の中にある伝えたいテーマを選び,深く掘り下げて発表をします。
たくさんの友達の興味深い視点に触れ,それが新たな人生の契機につながります。

英語スピーチコンテスト

1年間がんばった英会話の集大成です。それぞれの英会話力のステージにあわせたメニューに挑戦します。中学校1年生はペアでの寸劇を,中学校2年生と3年生は自らテーマを考えてスピーチを行います。

人間力を育む体験活動

生徒の発達段階に応じて各学年で、様々な活動・行事を行います。
グローバルな視点とローカルな視点を併せ持った人材として、国際社会へと踏み出せる力をはぐくみます。
何よりも主体性を持って、学習や課外活動に取り組む力を育てるために次のようなプログラムを用意しています。

中学校1年
『まるごと大原美術館』

大原美術館の学芸員から、収蔵品についての講義を学芸員の方から受けます。その後、美術館で本物を前にして現地で集団研修を行います。

中学校2年
『職場体験学習』

社会において働くことの大切さ、さまざまな仕事を通して社会の成り立ちを理解するために「職場体験学習」を行っています。

中学校3年
『アウトワードバウンド・スクール』

日常にはないダイナミックな本物のアクティビティを体験し、素の自分と向き合います。そして同時に、グループの仲間とも本音で関わりあい、人としての正しい価値観を育む時間が持てます。

生活ノート日々を振り返り、自分自身の成長につなげる「生活ノート」
~確かな学力の基礎は基本的な生活習慣の確立から~

入学した日から日々の生活の記録をつけます。生徒が書いた何気ない「今日の感想」や「真剣な1日の取り組み」についてクラス担任の2人の先生が、毎日コメントを書きます。「伝えたいことがすぐ伝わる」という喜びが、生徒の力にもなっています。生活ノートを通して、年間に多くの面談を行います。

在校生からのメッセージ
授業、行事、部活。好きなことを軸にして、確実に実力を伸ばせる環境があります。

難関大コースでは、着実に学力をつけられるカリキュラムが整っています。授業はとてもわかりやすく、ペアやグループでのプロジェクトも盛りだくさん。実力考査では学年全体でどのくらいの位置に自分がいるのかがわかり、学習の計画を立てるときの参考になります。授業やESSの活動を通じて大好きな英語のスキルを磨き、いろんなチャレンジをしたいです。

早瀬 葵
岡山中学校 2年生 美作市立美作第一小学校 出身

夢を叶えた先輩たち

名木田 優子鳥取大学 医学部 総社市立総社西小学校 出身

志村 拓海北海道大学 歯学部 世田谷区立緑丘中学校 出身

中山 尚紀岡山大学 法学部 倉敷市立天城小学校 出身

ページ先頭へ戻る