岡山中学校・岡山高等学校

Unlock the Possibilities(学校長ブログ)

ホーム ≫ Unlock the Possibilities(学校長ブログ) ≫ 岡山中学校 中学校課程修了式

岡山中学校 中学校課程修了式

2018/05/07

                      岡山中学校 中学校課程修了式


 春の訪れを感じる今日のよき日に、ご来賓の皆様、ならびに保護者の皆様のご列席を賜わり、ここに平成29年度「岡山中学校 中学校課程修了式」を挙行できますことを、心から感謝申し上げます。只今、卒業証書を授与された146名の卒業生の皆さん、並びに保護者の皆様、心よりご卒業をお喜び申し上げます。

 

保護者の皆様におかれましては、小学校の多くの仲間が地元の公立中学校へ進む中、一抹の不安を持って、遠く離れた岡山中学校に送り出したあの初々しい中学生の顔が、いつの間にか逞しさと自信に溢れた高校生の顔に変わっているのを目のあたりにし、感慨もひとしおのことと思います。心も身体も発育の著しい中学校期ということで大変ご苦労も多かったことと思いますが、お子様は、わずか三年の間に、ここまで成長してくれました。次の高等学校での三年間で、さらなる変貌を遂げることと思いますが、それは、大人へと成長を続けている証であり、日本の明るい未来を象徴する変貌であると私は確信しています。どうかいつまでもその温かい眼差しでお子様を見守り続けてください。

修了生の皆さん、改めて言います。「卒業おめでとう。」皆さん一人ひとりが手にする卒業証書は、義務教育9カ年の全課程を修了したことを表しています。と同時に、その証書は皆さんの努力の成果と言うべきものなのです。この3年間の皆さんの努力の成果はこれからの人生において何物にも替え難い、言わば、人生の糧となることでしょう。どうか、皆さん、今日のこの日に、言葉では容易に表せない感謝の思いをこれまで温かく見守ってくださったご両親やご家族の方々に表してください。

 

3年前の中学校の入学式の際に、癌によって声を奪われたモーニング娘のプロデューサーの「つんくさん」の話をしたことを覚えていますか。「つんくさん」は声を失った己の人生を冷静に見据えて、声のない人生を選び取りました。彼は「癌が治らず一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました。また振り出しです」と語っています。私は、「大切にしてきた物を失っても、もう一度這い上がろうとする彼のしたたかさ」に言及しながら「挫折を恐れないこと」「もう一度チャレンジすること」「人生は何度も何度も再チャレンジする機会を与えてくれる」と信じて、岡山中高での生活を始めてほしい、とお願いしました。

 

 あれから3年が経ちました。貴方達はどんな中学生の生活を送りましたか? 鳥取での臨海学校の研修、職場体験の学習、初めて取り組んだクェストエデユケーションの取り組みで2年連続の全国大会に参加したこと、冒険合宿で何事もうまく行かなかった挫折の体験など、いろいろな体験を積んだのではないかと思っています。自分の考えを友人たちや先生たちにうまく理解してもらえず、己の意を通じさせることができず、苛立ち、立ち尽くし、「孤立無援」の時期を体験した人も少なくないと思います。

 

 思い出して下さい。音楽を糧にし、ボーカリストとして、またモーニング娘のプロヂューサーとして活躍していた「つんくさん」は生き延びるために自分の声を捨ててもう一度立ち上がった。それは「挫折を恐れないこと」「もう一度チャレンジすること」「人生は何度も何度も再チャレンジする機会を与えてくれる」と信じることができたからではないでしょうか?あなた達が体験した大変な挫折や失敗も、大人になった未来の君たちの眼から見れば大した挫折ではなくなるはずです。失敗を恐れないこと、現在の失敗を未来から過去を振り返るように眺めることができたら、きっと新たな気持ちでやり直すことができるはずです。もう一度言います。「挫折を恐れないこと」「もう一度チャレンジすること」「人生は何度も何度も再チャレンジする機会を与えてくれる」と信じてまっすぐに前に向かって歩いて欲しいと思います。

 

最後になりましたが,保護者の皆様、3年間にわたり皆様にとってかけがえのないお子さまをお預かりし,本校教職員一同,生徒たちの成長のために全力を尽くしてまいりました。力不足のところもあり,保護者のみなさまには,ご不満を感じられたところがあったかもしれませんが,子どもたちはこんなに立派に成長しました。教職員一同誇りに感じるとともに,この成長を保護者のみなさまとともに喜びたいと思います。この3年間、本校に深いご理解と,多大なご協力をいただきました。まことにありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

 

これを以て、平成29年度「岡山中学校 中学校課程修了式」の式辞とする。

 

平成30年3月17

岡山中学校長 鷹家秀史